プロパンガス料金が高い!平均は?!ガス代を安くする方法!

引っ越しした後にここは「プロパンガス」だ!

と気づいてびっくりした経験ありませんか?

ガス代は月々かかってくるものなので

抑えれるだけ抑えたいものですよね。

ここでプロパンガスの料金を抑える方法を調べてみました!

Sponsored Link


 

実はプロパンガスは公共料金ではない!

水道代、電気代、ガス代は公共料金と思いがちですが

実はガス代の中でも「プロパンガス」は公共料金ではないのです。

 

都市ガスは国が定めた一律の価格が請求されますが

プロパンガスはガス会社が価格を決めているので

ガス会社を変更すれば価格も変わるのです。

つまり安いガス会社に変更すればプロパンガスも安くなるのです!

 

プロパンガスの価格

プロパンガスの価格については

都道府県などによって違いはありますが

 

基本料金=1,500円

1m3従量単価=330円前後

 

くらいが安いほうだと言われています。

そしてこの1m3従量単価が500~700円など

非常に高い人も多いのです。

 

「プロパンガスは高いもの」と思っていて

ガス代が高くても「プロパンガスだから…」と泣き寝入り

している方も多いはずです。

 

ですが実はプロパンガスだから高いのではなく

高いプロパンガスということもあるのです。

↓のサイトではプロパンガスの適正価格を診断してくれます。

プロパンガス料金消費者センター 料金診断ページ




 

診断範囲になっていない県もありますが

こちらのサイトで診断で「高い」と診断されたら

安いプロパンガス会社に変更したほうが良さそうです。

 

ガス会社を変えずに値下げできるのか?

契約中のガス会社への値下げ交渉は難しいようです。

交渉しようとしても

「その地域では平均値です」と言われて終わってしまうでしょう。

つまり安いガス会社に変更するのが一番確実に

ガス代を下げる方法です。

 

 

ガス会社を変更する前に

賃貸でガス会社を変更するときには注意が必要です。

 

アパートの給湯器やガス配管の費用をガス会社が負担していて

大家さんがその物件を建築するときにコスト削減のために

15年契約などを結んでいる場合があります。

 

その場合は交渉してもガス会社を変更することは難しいでしょう。

 

ガス会社を変更するまえに大家さんに

ガス会社について聞いてみて変更できるか確認しましょう。

Sponsored Link