どうしても甘い物が食べたい!黒糖をおやつ代わりに?砂糖とどう違うの?

ライザップで低糖質…が流行っている今日この頃ですが…

どうしても甘い物が食べたーい!っていう時って誰にでもあると思います。

そんな時に「黒糖はいくら食べても太らない」という噂を耳にしたので調査してみました!

Sponsored Link

黒糖と言っても純黒糖

今日ここでお話しする黒糖は

加工黒糖ではなく純黒糖のことを指します。

 
純黒糖= サトウキビの絞り汁だけで作ったもの
加工黒糖 = 粗糖・糖みつなどに、黒糖を加えて作ったもの
原材料がサトウキビだけなら純黒糖です!

 

それはさておき、そもそも糖には種類があるのですが

単糖:ブドウ糖、果糖

2糖類:蔗糖、麦芽糖

糖質:でんぷんなど

基本的に体内へと吸収されるスピードが違うのですが
前者になるほど速く、
後者になるほどゆっくりなのです。

体内へと吸収されるスピードが速いということは
空腹時などに単糖類や砂糖をたくさん摂ると、
急激な血糖上昇や下降を招くため、
インスリンの過剰分泌が起こりやすく、眠気やめまい、
イライラなどのほか、脂肪がつきやすくなったり、
糖尿病などの原因にもなる可能性があるとされます。
(ただし単糖類でも果物に豊富な果糖は例外とされる)。

これらをふまえて黒糖について考えると、
もっぱら砂糖が中心の食品です。
ですが、鉄やカルシウムなどのミネラルが豊富なため
白砂糖に比べて吸収がゆっくりです。
そのため、血糖値が緩やかに上下するため、
空腹感を感じにくくなったりしますし、
ほかになにか食べた場合も脂肪としてつきにくくなります。

まとめると黒糖は体内への吸収が「ゆっくりで」
摂ることで「脳や体の疲れを回復する効果があり
(もっともこれは糖類全般の特徴ですが)」、
糖尿病の可能性が低めの糖質」であるということです。

決して黒糖そのものに体質改善や病気の予防効果があるわけではありません
(体の調子を整えるミネラルが含まれているとはいえ、
普通に摂るなら摂取量はたいした量にはなりませんし)。
また、カロリーは白砂糖と大差ありませんから摂りすぎれば結局は太ります。

砂糖よりは優れているけれど、
過剰な期待をするほどのものではない、と考えるのが妥当です。
ですので、どうしても「甘い物が食べたーい!」という時は
お菓子のドカ食いをするよりは
黒糖を食べて「甘い物欲求」を少しでも満たしてあげることができれば
被害は少ない…と考えることができます!
なるほど。
そう考えると黒糖は便利な食べ物ですね。
本当にお腹は減っていないのに
甘い物が食べたいときの対処方法として黒糖は有効ですね!
以上、調査結果でした。

Sponsored Link